労災のご相談なら【弁護士法人心】

労働災害相談<span> by 弁護士法人心</span>

お役立ち情報

労災に関して弁護士に依頼することのメリット

1 労災認定の見込みがわかる

労災によって後遺障害等が残ってしまった場合,どのくらいの後遺障害として認定がされ,どのくらいの金額が支払われることになるのか,心配な方が多くいらっしゃるかと思います。

弁護士にご依頼いただきましたら,診断書等の資料を収集し,どのくらいの後遺障害として認定される見込みがあるのか,その場合どのくらいの補償が出るのかなどについて,ご説明させていただくことが可能です。

2 会社に対して請求できる金額がわかる

事業主が,労働者の生命,身体等の安全を確保する義務(安全配慮義務)を怠り,労働災害が生じてしまった場合には,労災保険による補償のほかに,会社に対して損害の賠償を求める請求を行うことができるケースがあります。

個々の依頼者の事情に応じて,会社に対して損害賠償請求をすることができる場合であるのか,できるとして,どのくらいの金額が認められているのか,過去の裁判例の傾向を分析し,お話させていただくことができます。

3 事業主との交渉を弁護士が代行

労災を被った被害者である労働者が労災の補償を請求することについて,必ずしも会社や事業主は協力的ではありません。

むしろ,労災が認定されてしまうと,会社にとって不利であると判断し,労災補償の請求に非協力的な態度をとる事業主の方が多いくらいかもしれません。

このような会社・事業主との交渉は,一個人である労働者にとって,非常に困難であるケースがほとんどです。

弁護士にご依頼いただきましたら,弁護士が被害者の代理人として,会社および事業主に対して,法的に正当な方法で交渉を代行させていただくことができます。

4 労災認定や損害賠償請求に向けた資料収集や手続を任せられる

労災認定を受けるための手続や会社への損害賠償請求を行う手続は,複雑であり,整えなければならない資料や証拠も多数に上ります。

そのため,被害者である労働者個人でこの手続を行うのは非常に骨の折れる作業となります。

弁護士にご依頼いただきました場合,証拠収集手続から申請手続,訴訟手続に至るまで,労災の補償に関係する全過程において,サポートをさせていただくことが可能です。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア