労災のご相談なら【弁護士法人心】

労働災害相談<span> by 弁護士法人心</span>

お役立ち情報

労災の不服申し立て

1 不支給決定に対する不服申し立て

⑴ 審査請求

労基署長が労災請求に対して不支給処分等の決定を行った場合には,そ の決定を取り消すために「審査請求」を行うことができます。

審査請求は,決定を行った労基署長の所在地である各都道府県の労働局 にある労働者災害補償保険審査官に対して行います。

審査請求は,口頭,書面又は電子申請の方法により行うことができます。

審査請求を行うことができる期間は,決定があったことを知った日(決 定通知書を受け取った日)の翌日から,3か月以内ですので,不服申し立てのために審査請求を行う際には,決定が出てから迅速に行動をすることが大切です。

なお,審査請求をした日から3か月を経過しても決定がない場合には, 決定を待たずに,「⑵ 再審査請求」や行政訴訟の提起に進むことができます。

⑵ 再審査請求

「⑴ 審査請求」を行ったが,請求が棄却されてしまった場合には,労働保険審査会に対して,再審査請求を行うことができます。

再審査請求は,書面で行わなければならず,3名で構成される労働保険審査会の委員に前で,口頭で意見を伝える口頭公開審理期日が設けられます。

再審査請求を行いたい場合には,審査請求の決定書の謄本が送付された日の翌日から2か月以内に行わなければならないので注意が必要です。

再審査請求まで行ったにもかかわらず,請求を棄却する裁決がなされた場合には,6カ月以内に決定の取り消しを求める行政訴訟を提起することができます。

2 支給決定に対する不服申し立て

⑴ 審査請求

労災の支給決定がされた場合であっても,①認定された後遺障害等級が不当に低い場合や②労災認定されたが,給付基礎日額が不当に低い場合等には,審査請求を行うことができます。

支給決定についての審査請求・再審査請求において,もとの決定よりも 請求者に不利な変更をすることは禁止されているので,安心して請求を行うことができます。

⑵ 自庁変更

労基署長は,決定後であっても自ら決定を是正する内容の取り消し,変更決定を行うことができます。

したがって,給付基礎日額の計算などに明らかな間違いがある場合には,労基署に申し入れを行うことにより,決定を取り消し,変更してもらえる可能性があります。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア