労災のご相談なら【弁護士法人心】

労働災害相談<span> by 弁護士法人心</span>

Q&A

労災により後遺障害が残った場合,どのようにすればよいですか?

労災により後遺障害が残った場合には,障害(補償)給付の申請をし,認定されれば等級に応じて障害(補償)給付が支給されます。

後遺障害の等級が変われば労災保険から支給される金額も大きく変わります。

後遺障害認定には,主治医が症状固定時に作成する診断書が大きな影響を与えます。

弁護士法人心は,交通事故で培われた豊富な後遺障害認定のノウハウを使用し,後遺障害診断書の記載内容や必要とされる検査等について,適正な後遺障害等級認定のための充実したサポートを行うことができます。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア